ランドローバー ディフェンダー専門サイト ランドローバー ディフェンダー専門サイト ランドローバー ディフェンダー専門サイト

ランドローバー ディフェンダー専門サイト

ランドローバー ディフェンダー専門サイト

ランドローバー ディフェンダー在庫

2020年生まれ変わった新生オフローダー
ランドローバー・ディフェンダー
~2016 LANDROVER DEFENDER
2020~ NEW MODEL

メルセデスベンツGクラスと並びスクウェアなフォルムが印象的なランドローバー・ディフェンダー。
高まるSUV・オフローダー人気から東京都内でもじわじわと人気を集めています。

新型ランドローバー・ディフェンダー 概要

コードネーム「L663」

長年親しまれた英国車ランドローバー・ディフェンダーは2016年に一度終了を迎え、2020年デザイン・構造を一新し新型ディフェンダーとして生まれ変わりました。
新しくなったものの、LANDROVERブランドを代表する高級クロスカントリーカーというコンセプトをしっかりと随所に受け継いでいます。

現代的にブラッシュアップされたメカニズムと、四角いタフな印象のあるデザインをまとい、ランドローバーファミリーの中でもオフロードの特徴が強い車種としてラインナップされています。

先代ディフェンダーを代表するラダーフレームは、レンジローバーやジャガーと同じくアルミニウム製のモノコック構造に変更され強度剛性と軽量化が図られています。

エンジンは、ジャガー・ランドローバー製のモジュラー型エンジン「インジニウム」を搭載。
このエンジンはガソリン・ディーゼルを備え、車種に応じて気筒数や排気量を変更し設計することができ、燃費や環境性能にも最適化された革新的なエンジンです。
新生ジャガー・ランドローバーにより新設計されたこのエンジンを元に現代のランドローバーではあらゆる場面に合わせ多くのグレードが設定されています。

新型ディフェンダーは2020年日本にもデリバリーが開始され、その独特の風貌から人気を博しました
2022-2023年では、世界的半導体不足の影響から新車の納入遅延やオプションの変更などもあり品薄状態が続いています。

新型ディフェンダー価格

DEFENDER SPEC

ランドローバー ディフェンダー スペック詳細

  DEFENDER 90 DEFENDER 110(S) DEFENDER 130(SE)
価格(税込み)※2023年7月時点 ¥7,290,000~ ¥7,580,000~ ¥10,630,000~
価格(税込み)※2022年10月時点 ¥5,970,000~ ¥8,050,000~ ¥10,410,000~
エンジン ディーゼル
ガソリン
ディーゼル
ガソリン
ディーゼル
  直列4気筒 ディーゼル 直列6気筒+MHEV
(ガソリン 直列4気筒)
直列6気筒+MHEV
過給機 ターボ ターボ ターボ
駆動方式 四輪駆動(4WD) 四輪駆動(4WD) 四輪駆動(4WD)
排気量 1995cc 2993cc 2997cc
最高出力 300PS/5500 300PS/4000 300PS/4000
最大トルク 400N・m 650N・m 650N・m
全長×全幅×全高(mm) 4510×1995×1970
※エアサスの場合
4945×1995×1970 5358×2008×1970
最大渡河水深 900mm
※エアサスの場合
900mm
※エアサスの場合
900mm
※エアサスの場合
車両重量(kg) 2.1t 2.42t
※エアサスの場合
2.625t
ドア数 3 5 5
定員 5 5~7
※オプション
8
最大積載容量(1列目後方)(ドライ) 1263L 1875L 1876L
ミッション 8速オートマチック 8速オートマチック 8速オートマチック
カタログ燃費(WLTC) 約リッター8.3キロ 約リッター9.9キロ 記載なし

※2023年7月 時点 全18グレード

ディフェンダー内装

FEATURE

新型ディフェンダー紹介

ランドローバーディフェンダーフロント

スタイル

オフローダーでありながら優雅な乗り心地というコンセプトはそのままに現代的に一新されたスタイル。

ランドローバーディフェンダーリア

がらりと変わってもそれとわかる英国製デザイン。

ランドローバーディフェンダーサイド

アルミモノコック

アルミフレームになったことにより重量を低減。ねじり剛性もなんと3倍を確保。重量は2.5tを超えている物の実際の走りの質感にも影響を与えています。

ランドローバーディフェンダー足回り

(オプション)エアサス

ディフェンダーは通常のコイルのほかにエアサスペンションを搭載可能。業界でもいち早く取り入れたジャガー・ランドローバー社で培われたエアサスの技術がこのオフローダーでも活かされています。

ランドローバーディフェンダー運転席

内装

すっきりとしたスタイリッシュな中にも実用さが随所にみられる配置

ランドローバーディフェンダーダッシュボード

レンジローバーと比べると、ダッシュボード部にスマホなど小さな小物も置け、かつ落ちにくい構造。

ランドローバーディフェンダー前席

ドア部分のボルトやうちっぱなし感も「ガジェット感」をくすぶるにくい演出です。

ランドローバーディフェンダー後席

さりげなくグリップ付き。背のある車ですが乗り込見やすさも◎

ランドローバーディフェンダー後席

90は3ドア5人乗りショートモデル。110は5ドア5人乗りモデル。130は8人乗りロングモデルになります。

ランドローバーディフェンダーラゲッジ

110のラゲッジルームは、幅1211mm×高さ904mm。

ランドローバーディフェンダーラゲッジ

後席はフラットに倒すことができます。サイドにハンガー付き。

ランドローバーディフェンダーハンドル

システム

オフローダーを追求しモード変更やパドルシフトなどはありません。

ランドローバーディフェンダーシート

14WAYシート(HSE標準装備)。オプションで全席シートヒーター&シートクーラー搭載。使用してみるとかなり冷たい。

ランドローバーディフェンダーモニター

360°カメラ搭載

ランドローバーディフェンダークーラーボックス

(オプション)フロントセンターコンソール急速クーラーボックス付き&ワイヤレスデバイスチャージング(コンフォート&コンビニエンスパック)

ランドローバーディフェンダールーフ

開放感のあるブラックコントラストスライディングパノラミックルーフ(X-DYNAMIC HSE装備)。2段階動作。

ランドローバーディフェンダーアルパインライト

ランドローバー、オフロードカーならではのアルパインライト付き。斜め上にある穴より車内から天候の確認をしやすくなっています。

LANDROVER DEFENDER

110 HSE 紹介

ランドローバー ディフェンダー2023

5人~7人乗り

実用的な5人乗り

7人乗り3列シートもオプション設定あり

ランドローバー ディフェンダー2023

環境にも燃料価格にもやさしいディーゼル

ガソリンもラインナップされていますが、弊社在庫車はディーゼルモデル(D300)。さらにハイブリッドモーターが搭載されており低速からのトルクコントロールから燃費に貢献と現代的な構成になっています。

ランドローバー ディフェンダー2023

充実上位グレードHSEさらにオプション多数

エクステンデッドブラックエクステリアパック
サントリーニブラック
コンフォート&コンビニエンスパック
プライバシーガラス
20インチスタイル6011(グロスブラック)ホイール
スペアホイールカバー
エアサスペンションパック
クロスカービーム(ダークグレイパウダーコートブラッシュフィニッシュ)
3ゾーンクライメートコントロール リアクーリングアシスト付き

ランドローバー ディフェンダー2023

ラグジュアリーなブラックボディ&内装

オプションカラーのサントリーニブラック。エーゲ海にあるリゾート地の名前からとられたラグジュアリーなカラー。内装はライトオイスター/ルナウィンザーレザー&ロバステックシート(エボニーインテリア)のコンビカラーレザーシート。

ランドローバー ディフェンダー2023

ディーラー保証付き

2023年モデルの新型車両です。メンテナンスも安心なディーラー保証付き車。

ランドローバー ディフェンダー2023

HSE主な特徴

エクステリア装備
  • ブラックコントラストスライディングパノラミックルーフ
ホイール&タイヤ
  • 22インチ"スタイル5098"(サテンダークグレイ)
インテリア装備
  • エクステンデッドレザーアップグレード
  • 標準ステアリングホイール(レザー)
  • カーペットマット
  • ツインカップホルダー(カバー付)
  • 電動調整ステアリングコラム
シート&インテリアトリム
  • ウィンザーレザー&ロバステック14ウェイ電動フロントシート(ヒーター&クーラー、メモリー、4ウェイマニュアルヘッドレスト付)
インフォテインメント
  • インタラクティブドライバーディスプレイ
FAQ

よくあるご質問

ディフェンダー納期は?

現在半導体不足の影響から新車の納期が延びています。
また機能を減らした仕様変更などもあり仕様が細かく変わる現状になっています。
在庫車の場合はもちろん即納可能です。ぜひ現車確認お問い合わせください。

ディフェンダーのタイプを教えてください

ベースグレード、S、SE、XS EDITION、X-DYNAMIC SE、X-DYNAMIC HSE、X
とあり、それぞれエンジン(ガソリンorディーゼル/マイルドハイブリッド)やサンルーフをはじめ各種装備に違いがあります。

ランドローバーのオフロード向けアクセサリーも多数用意されています。

COMPARE

比較車種サイズ

※高さ

ATTRACTIVE

ディフェンダーの魅力

ランドローバー ディフェンダーの魅力はなんといっても「オフロード」です。
高級SUVと言うとポルシェカイエンをはじめ昨今ではベントレーベンテイガなどもありますが、オフロードカーと言えばメルセデスベンツGクラスになります。
Gクラスは言わずもがな、新旧とても人気があります。
日本車からはランドクルーザーやジムニーも人気がありますが、また違ったベクトルの人気です。

欧州車の空気感をまといながら英国ならではの高級感、ドイツ車とは違う質実剛健さ、雰囲気のあるオフローダーとなるとディフェンダーが当てはまります。

内装は見た目も明らか、同じグループメーカーのジャガーが格式や高級さとするとディフェンダーは武骨と洗練といった感じです。
実際に座ってみると違いを感じられます。

あとはなんといってもデザインです。好みはありますが欧州車は見た目としてのデザインが魅力です。
燃費やメンテナンス面、維持費だけでは測れない所有したいと思わせるブランド力があります。

Gクラスももちろん良い車ですが、東京を走る車では圧倒的にディフェンダーのほうが希少です。
ランドローバーブランドではレンジローバーをはじめ販売数も世界的には増加してはいますが、日本ではディフェンダーは珍しい車種になっています。

排気量を抑えながらもアルミボディにより機敏な走りがあります。旧モデルから格段にシステム面、メンテナンス性、環境性能も大幅に向上し現代的な車両になっています。

また英国最大の自動車メーカーのジャガー・ランドローバーは英国王室でも愛されるブランドです。

RESALE

ランドローバー ディフェンダーリセールバリュー

残価クレジットローンの普及から3年後のリセールバリュー(車の再販価格)が気になるお客様も増えてきました。
自動車のリセールバリューを考えると、欧州車のSUV系はセダンやコンパクトカーと比べると比較的高い車になっています。
希少性から台数が少ない点と、ランドローバーに関してはオプションが豊富で新車価格が高いという点もあります。
車も資産の一つですから年式を重ねてもなるべく価値がさがらないほうがうれしいものです。

マリオットマーキーズではランドローバーのメンテナンスはもちろん、お車の価格査定をいつでも行っています。
売却が先でも、お乗り換え検討のお車の価格査定もぜひご依頼ください。

ランドローバー 中古車 新車 購入 現在の在庫状況 お問い合わせください

LINEでお問い合わせ

LINEでお気軽お問い合わせ!

メールでお問い合わせ

下取り車両データもご一緒にご相談ください!

  • TEL
  • MAIL
  • LINE

ご購入の流れ

ご購入の流れ

ご購入の流れ

輸入車新車・中古車 販売実績多数!マリオットマーキーズなら充実のサービス内容でお車をトータルサポートします。

・全国登録納車可能です。
・損害保険ジャパン日本興亜の代理店も行っていますので、ムダの無いプランでの自動車保険をご提案させていただきます。【保険ページ詳細

多彩なお支払い方法

オートローン

支払い自由形ローン

オートリース

残価設定型オートローン

マリオットマーキーズ会社紹介

マリオットマーキーズ応接

ゆったりとくつろぎのある空間でお車のご相談が可能です。

マリオットマーキーズショールーム

明るく広々としたショールームでお車をお選びいただけます。

アクセスマップ

マリオットマーキーズ外観

株式会社 マリオット・マーキーズ

〒130-0025 東京都墨田区千歳2-4-12
■販売・買取 TEL:03-5600-2710/整備専用 TEL:03-5600-2757 ■FAX:03-5600-2768
■営業時間 9:30~18:30
■年中無休

mail

在庫車両情報はこちら



大きな地図で見る

お車ご購入について